大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

梅バター風味照焼

バターでコク深く仕上げた鶏のソテーに、うめ酢醤油のたれを掛けサッと絡めて。梅とバターの風味が抜けていき、軽やかな後味の照焼です。

作り方

  1. 1.鶏もも肉は余分な脂肪や筋を取り除き、6等分にカットする。酒、塩、コショウを振り、まぶして10分ほど置く。小麦粉を薄くまぶす。
  2. 2.小さめのボウルに、うめ酢醤油、みりん、はちみつを入れ混ぜ合わせる。
  3. 3.フライパンにサラダ油とバターを加え熱する。バターが溶けたら、鶏肉を皮目を下にして並べ、皮目に少しこげが付くぐらい中火で揚げ焼きするようにじっくり焼く。裏返して同じように焼いて火を通しバットに取る。フライパンにたまった油は捨てる。
  4. 4.再びフライパンを火にかけ、鶏肉を戻し入れ、混ぜ合わせたタレを全体にまわしかけ手早く絡めて、火からおろす。
  5. 5.皿に「4」の鶏肉を盛り、お好みで付け合せを添えて完成。

今回使ったのは…

「うめ酢醤油」

焼津産のかつお節を使用した香りとうま味の「かつおだし醤油」に、アミノ酸、ミネラル類、有機酸が豊富な紀州産の「梅酢」を合わせ、さらに、紀州産の梅肉を加えた、さわやかな酸味とおだやかな香りの「梅酢入りだし醤油」です。

うめ酢醤油
梅バター風味照焼

材料

(2人分)
鶏もも肉(6等分)・・・・・・・300g
酒・・・・・・・・・・・・・・・ 15g
塩・・・・・・・・・・・・・・・1.5g
コショウ・・・・・・・・・・・・ 少々
小麦粉・・・・・・・・・・・・・ 適量
サラダ油(焼き用)・・・・・・・ 36g
バター(焼き用)・・・・・・・・ 12g

うめ酢醤油・・・・・・・・・・・ 36g
みりん・・・・・・・・・・・・・ 15g
はちみつ・・・・・・・・・・・・ 7g

※長ねぎのソテー・・・・・・・・ 適宜
※インゲンのソテー・・・・・・・ 適宜
※は、お好みで添えてください。

よりおいしく作るコツ

  • ・鶏肉は少し多目の油で皮目に少しコゲが付くぐらいこんがりと焼いてください。
  • ・うめ酢醤油たれは仕上にさっと掛けて絡ませるようにしてください。分離せず風味よく仕上がります。
  • ・はちみつ、みりんの量はお好みで加減してください。