大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

ごぼうと豚バラ肉の焼き玄米めし

食物繊維や栄養が豊富な玄米ごはんに、旬のごぼう、豚バラ肉を組み合わせた焼きめし。しっかり炒めたごぼうの香ばしさと豚肉のうま味が玄米ご飯と合さり食べ応え満点。仕上げの黒酢で味が引き締ります。

作り方

  1. 1.ごぼうは包丁の背で皮をこそげ落とし、笹がきにして水にさらす。いんげん、長ねぎはそれぞれカットする。豚バラ肉はカットし、沸騰手前のお湯に入れ2分ほど弱火でボイルしザルに取る。
  2. 2.フライパンにサラダ油を熱し、タカノツメ、ボイルした豚バラ肉、ごぼうを加えてじっくりカリカリになるまで炒める。インゲン・長ねぎを加えて炒め、火が通ったら玄米ごはんを加えてさらに炒める。
  3. 3.全体がほどよく炒まったら、すき焼き割したを鍋肌から回しいれ、全体を混ぜながら水分を飛ばすように炒める。水分が飛んだら黒酢とごま油をまわし入れ、ブラックペッパーを振り、軽くあおって皿に盛る。お好みでいりごまと青ねぎを振りかけて完成。

今回使ったのは…

「すき焼割した」

赤ワインやしいたけなど肉のうま味を引き出す原料をたっぷりと使いました。和風のすき焼ばかりでなく、ハンバーグなど肉料理全般、炒めものや煮物など多様なメニューにお使いいただけます。

すき焼割した
ごぼうと豚バラ肉の焼き玄米めし

材料

(2人前)
玄米ごはん・・・・・・・・・・・・・300g

豚バラ肉(1cm拍子切り) ・・・・・・200g
ゴボウ(笹がき)・・・・・・・・・・175g
いんげん(1cmざく切り) ・・・・・ 40g
長ねぎ(粗みじん)・・・・・・・・・ 35g
タカノツメ(小口切り)・・・・・・・ 適宜
サラダ油(炒め用)・・・・・・・・・ 12g

すき焼割した・・・・・・・・・・・・ 50g
黒酢・・・・・・・・・・・・・・・・ 5g
ごま油(仕上げ用)・・・・・・・・・ 適量
ブラックペッパー・・・・・・・・・・ 適量

いりごま・・・・・・・・・・・・・・ 適宜
青ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・ 適宜

よりおいしく作るコツ

  • ・玄米ご飯は、洗った玄米を6時間程度水に浸してから炊くと良いです。1合につき塩を一つまみ入れると少し柔らかく炊けます。市販の玄米ご飯を使用してもかまいません。
  • ・豚バラ肉は、お湯に入れて少し脂抜きしてから使用すると、脂っぽくなりすぎずに仕上がります。
  • ・黒酢は仕上げにサッとまわしかけてください。黒酢の代わりに米酢などでもかまいません。
  • ・タカノツメ、いりごま、青ねぎはお好みで加えてください。