大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

さんまの蒲焼寿司

フライパンでさんまを蒲焼にし、炒りごまを加えた酢飯に乗せて押し寿司にしました。すき焼き割したの甘辛さが、さんまのうま味と合さり、酢飯とも相性抜群です。

作り方

  1. 1.サンマは、うろこを取り除き、頭と内臓を取り3枚におろす。小骨を骨抜きで取り除く。塩を両面に振り、しばらく置く。キッチンぺーパーで余分な水分を拭き取り、小麦粉をまんべんなくまぶす。小さめのボウルにすき焼割した、みりん、生姜のしぼり汁を入れて混ぜる。
  2. 2.フライパンにサラダ油を入れ熱し、さんまを皮目を下をして並べる。中火で約2分焼く。焼き色が付いてきたら裏返して弱火にして約3分ほど焼く。
  3. 3.火が通ってきたら、混ぜ合わせたすき焼割したを加えて両面絡めながらさっと焼く(焼きすぎ注意)。バットに取り、冷ます。
  4. 4.大葉、ガリは千切りにする。酢飯は炒りゴマを加えて切るようにまぶし3等分にする。
  5. 5.押し型にラップを敷いて、酢飯、ガリ、大葉の順に型に詰める。蒲焼を皮目を上にして乗せ、ラップをとじて押し蓋で押し、成型する。同様に2本作る。1本を5等分に切り分け、皿に盛り、ガリなどの付け合せを盛つけ、完成。

今回使ったのは…

「すき焼割した」

赤ワインやしいたけなど肉のうま味を引き出す原料をたっぷりと使いました。和風のすき焼ばかりでなく、ハンバーグなど肉料理全般、炒めものや煮物など多様なメニューにお使いいただけます。

すき焼割した
さんまの蒲焼寿司

材料

<3本分>
酢飯・・・・・・・・・・・・・・・・・360g
炒りごま・・・・・・・・・・・・・・・ 25g
大葉(千切り)・・・・・・・・・・・・ 10枚
ガリ(千切り)・・・・・・・・・・・・ 適宜

さんま・・・・・・・・・・・・・・・・ 2尾
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・ 10g
すき焼割した・・・・・・・・・・・・・ 32g
みりん・・・・・・・・・・・・・・・・ 15g
生姜のしぼり汁・・・・・・・・・・・・ 2g

山椒粉・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量

よりおいしく作るコツ

  • ・さんまは三枚におろして、骨抜きで小骨を抜いてください。
  • ・すき焼割したの合わせ調味料を加えたらサッと絡めるように焼いてください。焼きすぎると冷めた時に硬くなります。
  • ・押し型が無い場合、巻きすにラップを敷き、蒲焼を(皮目を下)乗せ、ガリ、大葉、酢飯を蒲焼の上に棒状に乗せてラップで包み、巻きすで巻いて形を整えてれば、棒寿司になります。
  • ・今回、押し型の長さが、蒲焼1枚と1/3枚分だったので3本になりました。型の大きさに合わせて、酢飯を等分してください。