大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

筍と牛肉のすき焼春巻き

筍と牛肉をすき焼割したで煮こみ、春巻きの具にしました。しっかり味がついているので、宴のおつまみとしてはもちろん、お弁当のおかずにもおすすめです。

作り方

  1. 筍のアク抜き.筍は皮付きのまま良く洗い、上部を斜めに切り落とし縦に切り込みを入れる(身に触らない程度)。筍がすっぽり入る大きめの鍋に入れ、ぬかを一握り、たかの爪を1本、たっぷりの水を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にして30分ほどボイルする(目安:竹串がすっと通る程度)。火からおろし、そのまま常温に冷ます。冷めたら皮をむいて水洗いし、水に浸す。
  2. 1.牛肉、筍、長ねぎ、白滝は長さ、太さを揃えてそれぞれカットする。干ししいたけは水で戻し、細切りにする。
  3. 2.フライパンに油を入れ熱し、牛肉を炒める。火が通ってきたら、白滝、筍、長ねぎ、しいたけを加え炒め合わせる。酒、すき焼割した、コショウを加えさらに炒める。水溶き片栗粉を回し入れ強めにトロミをつける。バットに移し、冷ます。
  4. 3.「2」を10等分する。水溶き小麦粉を用意する。、春巻きの皮を広げ、具を手前に置き、一回転させ、両端を折り、くるくると巻く巻き終わりに水溶き小麦粉をつけ糊付けする。残り9本も同様に巻く。
  5. 4.フライパンに揚げ油を160℃に熱し、春巻きを入れる。この時点でおよそ140℃ぐらいに下がる。中弱火でじっくり揚げる。仕上げに170℃で2分ほど揚げ色よく仕上げ、網に取る。
  6. 5.皿に並べ、お好みでボイルした菜の花を添えて完成。

今回使ったのは…

「すき焼割した」

赤ワインやしいたけなど肉のうま味を引き出す原料をたっぷりと使いました。和風のすき焼ばかりでなく、ハンバーグなど肉料理全般、炒めものや煮物など多様なメニューにお使いいただけます。

すき焼割した
筍と牛肉のすき焼春巻き

材料

(10本分)
牛肉切り落とし(細切り)・・・・・・150g
筍(穂先はスライス/根元は細切り)・ 80g
長ねぎ(スライス)・・・・・・・・・ 50g
干ししいたけ(スライス)・・・・・・・3g
白滝(ぶつ切り)・・・・・・・・・・200g

すき焼割した・・・・・・・・・・・・ 85g
酒・・・・・・・・・・・・15g(大さじ1)
コショウ・・・・・・・・・・・・・・ 少々
サラダ油(炒め用)・・・・12g(大さじ1)
水溶き片栗粉・・・・・・・・・・・・ 適量

春巻きの皮・・・・・・・・・・・・・ 10枚
水溶き小麦粉・・・・・・・・・・・・ 適量

サラダ油(揚げ油)・・・・・・・・・ 適量

ボイル菜の花・・・・・・・・・・・・ 適宜

<筍のあくぬき用>
※小さい筍なら2本から3本ぐらいあく抜きできます。
米ぬか・・・・・・・・・・・・・・ 一握り
たかの爪・・・・・・・・・・・・・・・1本

よりおいしく作るコツ

  • ・筍は皮付きのまま米糠を入れた水でボイルすると、風味が残りおいしく仕上がります。
  • ・白滝はあくぬき済みのものを使用。春雨でもかまいません。水戻して使用してください。
  • ・揚げ温度は、低温(130℃から140℃ぐらい)の油で揚げ始め、じっくり温度を上げていき、仕上げは170どぐらいで1分から2分揚げると冷めてもパリパリに仕上がります。