大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

すき煮ハンバーグ

赤ワインを贅沢に加えたすき焼割したで、手こねハンバーグを煮こみました。ご飯のおかずはもちろん、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

作り方

  1. 1.フランスパンは前日にスライスして乾燥させる。玉ねぎ、にんにく、人参、長ねぎはそれぞれカットする。焼豆腐は水を切り食べやすい大きさにカットする。ゆで玉子を作る。
  2. 2.小鍋にスライスした玉ねぎ、クローブ、牛乳を入れ極弱火で30分煮込む(途中、鍋を回しながら吹きこぼれに注意する)。玉ねぎが指でつぶれるぐらいになったらザルにあけ、玉ねぎと牛乳を分ける。分けた牛乳に乾燥したフランスパンを浸し、柔らかくなったら軽く絞り、玉ねぎと一緒に包丁で細かく叩く。
  3. 3.ボウルにひき肉と塩を入れ粘りが出るまでこねる。溶き卵を加えて混ぜ合わせ、全体が馴染んだら、玉ねぎとパン粉の叩いたものを加えて混ぜ合わせる。2等分にしキャッチボールをするように空気を抜きながら丸めて成形する。
  4. 4.フライパンにサラダ油(半量)とつぶしたにんにくを加えて熱し、にんにくの香りが立ってきたらにんにくを取り出す。ハンバーグを入れて中火で両面に焼色をつけ、取り出す。一旦、油をキッチンペーパーで拭き取る。
  5. 5.再び、フライパンにサラダ油を入れ熱し、ねぎ、人参、焼豆腐を焼く。ハンバーグを戻し入れ酒を振って蓋をし、2分ほど蒸し焼きする。水で希釈したすき焼割したとゆで玉子を加え、落し蓋をして弱火で15分煮込む。
  6. 6.皿に、ハンバーグ、縦半分にカットしたゆで玉子、焼豆腐、ねぎ、人参を盛る。フライパンに残った煮汁に水溶き片栗粉を加え弱火でかき混ぜながらトロミをつけ、ハンバーグに掛ける。お好みでクレソンを添えて完成。

今回使ったのは…

「すき焼割した」

赤ワインやしいたけなど肉のうま味を引き出す原料をたっぷりと使いました。和風のすき焼ばかりでなく、ハンバーグなど肉料理全般、炒めものや煮物など多様なメニューにお使いいただけます。

すき焼割した
すき煮ハンバーグ

材料

(2人分)
手こねハンバーグ
合挽き肉・・・・・・・・・・・・250g
塩・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
玉ねぎ(スライス)・・・・・・・ 55g
クローブ・・・・・・・・・・・・ 1粒
フランスパン・・・・・・・・・・ 15g
牛乳・・・・・・・・・・・・・・200ml
溶き卵・・・・・・・・・・・・・1/2個
サラダ油(焼き用)・・・・・・・ 24g
にんにく(つぶし)・・・・・・・ 2片
酒・・・・・・・・・・30g(大さじ2)
すき焼割した・・・・・・・・・・ 40g
水・・・・・・・・・・・・・・・160ml
水溶き片栗粉・・・・・・・・・・ 適量

長ねぎ(斜め隠し包丁ぶつ切り)・ 70g
人参(花形飾り切り)・・・・・・ 4枚
焼豆腐(6等分)・・・・・・・・ 1/2丁
ゆで玉子・・・・・・・・・・・・ 2個

※クレソン・・・・・・・・・・・ 適宜
※はおこのみで添えてください。

よりおいしく作るコツ

  • ・玉ねぎとクローブを牛乳で煮込むと、ベシャメルのような柔らかな甘味が出ます。
  • ・フランスパンは乾燥させてから使用してください。無い場合は乾燥パン粉で代用できます。