大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

牡蠣ごはん

牡蠣を一本〆を使った汁で煮て、その煮汁でごはんを炊き上げました。仕上げの一本〆が味を引き締め、千切りの生姜と柚子の香りがごはんの風味を引き立てます。

作り方

  1. 1.もち米と精白米を洗い、水に15分浸す。ざるにあけ15分水を切る。カキは塩水でひだの部分を優しくこすり洗いし軽くすすぎ、水気を切る。
  2. 2.昆布だしと一本〆、酒を加えてひと煮たちしたら、カキを加えて2分ほど煮る。煮汁とカキを分ける。
  3. 3.炊飯器に米を入れ、煮汁を加える。足りなければ水を加えて通常の炊飯の目盛まで足し、炊飯する。
  4. 4.炊き上がったら、蓋を開け、カキを入れて15分ほど蒸らす。カキを一旦取り出し、仕上げの一本〆をまわしかけ、千切り生姜を加えて切るように混ぜる。かきを戻し入れる。
  5. 5.お茶碗にごはんをよそり、お好みで柚子皮と三つ葉を添えて完成。

今回使ったのは…

「一本〆」

鮮やかな色と上質で気品にみちたかつおだしの香りとまろやかで深みのある味わいの「特選土佐しょうゆ一本〆」は、塩分控えめでからだに優しい、ひとクラス上のしょうゆです。

一本〆
牡蠣ごはん

材料

(3合分)
精白米・・・・・・・・・・・・・・・2.5合
もち米・・・・・・・・・・・・・・・0.5合
カキ(生食用むき身)・・・・・・・・ 20粒
<煮汁>
一本〆・・・・・・・・・・51g(大さじ3)
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50g
昆布だし(顆粒だしを溶いたもの)・・550g

一本〆・・・・・・・・・・17g(大さじ1)
生姜(千切り)・・・・・・・・・・・ 10g
柚子皮(千切り)・・・・・・・・・・ 適宜
三つ葉・・・・・・・・・・・・・・・ 適宜

よりおいしく作るコツ

  • ・昆布だしは顆粒の素を湯で希釈したものを使用しています。
  • ・カキはさっと煮て煮汁と身を分けてください。カキが縮まらずふっくら仕上がります。
  • ・彩りにしめじやニンジンなどを加えて炊くのもオススメです。
  • ・生姜は炊き上がりに加えてください。香り立ちが良く仕上がります。また仕上げの一本〆は味が締まります。お好みで加えてください。
  • ・柚子皮、三つ葉はお好みで添えてください。