大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

紫花豆の淡甘煮

花豆の風味を損なわないように、上品な甘さに仕上げました。一本〆を隠し味に加え、味を引き締めました。きな粉を塗してお召し上がりください。

作り方

  1. 1.豆を3回程度水洗いし、4倍ぐらいの水を加え24時間静置し戻す。指で押して少し柔らかさを感じる程度になったら浸しておいた水ごと鍋に入れ(水がひたひた状態だったら水を足してください)中火にかける。
  2. 2.沸騰したら、さし水をする。再び沸騰したら、火から下ろし流水を少しずつ加えていく。水が透き通って豆が冷えたら豆の表面のぬめりを軽く洗いザルにあける。鍋に戻して水をたっぷり加え火にかける。沸騰したら落し蓋をして弱火で1時間半ほど煮る(指で押してつぶれる程度)。途中水を差しながら常に湯に浸かっている状態をキープする。
  3. 3.豆が十分やわらかくなったら火を止め、茹で汁を豆がひたひたの状態になる程度残して捨てる。
  4. 4.「3」の鍋に三温糖、塩、一本〆を加えてひと煮立ちさせ、火を止めて冷ます。
  5. 5.器に豆をよそり、きな粉を振りかけて完成。

今回使ったのは…

「一本〆」

鮮やかな色と上質で気品にみちたかつおだしの香りとまろやかで深みのある味わいの「特選土佐しょうゆ一本〆」は、塩分控えめでからだに優しい、ひとクラス上のしょうゆです。

一本〆
紫花豆の淡甘煮

材料

(作りやすい分量)
紫花豆・・・・・・・・・・・・150g
三温糖・・・・・・・・・・・・120g
塩・・・・・・・・・・・・・・ 5g
一本〆・・・・・・・・・・・・ 5g

きな粉・・・・・・・・・・・・ 適量

よりおいしく作るコツ

  • ・豆は水に24時間以上浸してじっくり戻してください。(指で押して少しやわらかさを感じる程度)
  • ・豆を水に浸した後浮いてきた豆は取り除くと煮えムラが出来にくくなります。
  • ・紫花豆はアクが多いので、ゆでこぼしをしてアクを抜いてください。
  • ・豆が煮汁に浸かっている状態をキープしながら煮てください。
  • ・甘さを抑えております。お好みで三温糖の量を加減してください。