大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

肉うどん(温玉のせ)

二日酔いを和らげるのに必要な栄養素がバランスよく入っているという「肉うどん」。宴会&パーティ続きのこの時期におすすめのメニューです。

作り方

  1. だし取り 鍋に昆布と水を入れ極弱火で10分程度(昆布が浮いてくるまで)加熱する。昆布を取り出し沸騰させる。火からおろし水を100cc加え、花かつおを入れる。さらに水を100cc加え2分ほど置く。ザルにペーパータオルを敷く。ボウルの上に菜箸をまたがせその上にザルを置き、だしを静かに流し入れ自然に漉す。
  2. 1. 鍋にだしを入れ沸騰させる。牛肉を加え煮込んでアクを取る。みりん、一本〆を加え弱火にして3分ほど煮る。
  3. 2. 大鍋に湯を沸かし、うどんの外装に記載されている通りうどんを茹でる。
  4. 3. どんぶりにうどんと煮込んだ牛肉を盛り、つゆをかけ、温泉玉子を割り落とす。小口切りにした九条ねぎをトッピングして完成。

今回使ったのは…

「一本〆」

鮮やかな色と上質で気品にみちたかつおだしの香りとまろやかで深みのある味わいの「特選土佐しょうゆ一本〆」は、塩分控えめでからだに優しい、ひとクラス上のしょうゆです。

一本〆
肉うどん(温玉のせ)

材料

(2人前)
ゆでうどん(太麺)・・・・・・2パック
牛バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
温泉玉子・・・・・・・・・・・・2個
九条ねぎ(小口)・・・・・・・・適量
*一番だし・・・・・・・・・・・720cc
みりん・・・・・・・・・・・・・72g
一本〆・・・・・・・・・・・・・72g

【一番だし(作りやすい分量)】
昆布(8cm角)・・・・・・・・・1枚
かつお節(花削り) ・・・・・・・40g
水・・・・・・・・・・・・・1リットル
追い水・・・・・・・・・・・・・200cc

よりおいしく作るコツ

  • ・昆布と水を入れた鍋は極弱火で加熱してください。(絶対に沸騰させず、10分ほどで昆布が浮いてきたら取り出してください。
  • ・一番だしに加えるかつお節は、肉の風味に負けないように多めに入れていますので、お好みで加減してください。
  • ・だしを漉す際は、絞らずに自然に落とすようにして下さい。
  • ・だしは多めに取り、容器などに移し冷蔵庫や冷凍庫で保存しておくと、いろいろ使えて便利です。