大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

紫芋と蓮根のキッシュ

秋の味覚の紫芋と蓮根を、フォンドヴォー醤油で味付し、粒マスタードとチーズをアクセントに加えたアパレイユを流し込んで焼き上げたキッシュ。パーティーメニューにもオススメです。

作り方

  1. 1.パイシートを解凍する。麺棒などでパイシートを耐熱皿(又はタルト型)の大きさより一回り大きく伸ばす。耐熱皿にバターを塗り、生地を広げ、底や角に隙間ができないように軽く押さえながら敷く。皿の上に麺棒を転がし、余分な生地を切落とす。冷蔵庫に入れて30分ほど寝かせる。
  2. 2.オーブンを180℃に予熱する。寝かせておいた生地の底面にフォークで均一に穴をあける。生地の上にクッキングシートを敷き、重石(無ければ小豆やお米など)を載せてオーブンで20分空焼きする。(表面が乾燥する程度まで焼く)
  3. 3.さつま芋を皮付きのまま水洗いしてカットし、ラップに包んで600Wで3分加熱する。レンコンは皮ごと水洗いし、カットして酢水に入れアクを抜き水気を切る。玉ねぎは横半分に切り、1cm幅で縦にざく切りにする。エリンギも同じ幅になるように拍子切りにする。
  4. 4.オーブンを200℃に予熱する。フライパンにバターを熱しレンコン、玉ねぎ、エリンギを炒める。火が通ってきたら紫芋を加えて炒める。こしょうを振りフォンドヴォー醤油を回しかけ味を整える。ボウルにアパレイユの材料を入れ混ぜ合わせる。
  5. 5.空焼きしたパイ生地に炒めた根菜類を入れ、アパレイユを流し込む。オーブンに入れ25分ほど焼き色がつくまで焼いて完成(焼き具合を見て加熱時間を調整してください。)。お好みで、食べる時にフォンドヴォー醤油を少量かけていただくと、味が引き締まります。

今回使ったのは…

「フォンドヴォー醤油」

肉や野菜のうま味が凝縮された「フォン・ド・ヴォー」と、鰹節の香りとうま味の「かつおだし 醤油」を、厨房と同じ製法で煮出し、バランスよくブレンドしました。まろやかで優しい味わいの洋風醤油です。

フォンドヴォー醤油
紫芋と蓮根のキッシュ

材料

(作りやすい分量)
冷凍パイシート・・・・・・・・・・・・ 1枚
バター・・・・・・・・・・・・・・・・適量

紫芋(さつま芋)(1cm厚いちょう切り)・1本
レンコン(1cm厚いちょう切り)・・・・・1個
玉ねぎ(ざく切り) ・・・・・・・・・1/2個
エリンギ(1cm厚拍子切り)・・・・・・・1本
フォンドヴォー醤油・・・・・・・ 大さじ1強
荒挽きブラックペッパー・・・・・・・・少々
バター(炒め用)・・・・・・・・・・・12g

<アパレイユ> 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・4個
生クリーム・・・・・・・・・・・・・180g
ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・100g
粒マスタード・・・・・・・・・・・・ 25g
塩・コショウ・・・・・・・・・・・・ 少々

フォンドヴォー醤油・・・・・・・・・ 適宜

よりおいしく作るコツ

  • ・紫芋を使用していますが、さつま芋でかまいません。
  • ・紫芋はカットしたらラップに包んで電子レンジ600Wで3分ほど加熱し、軽く火を通しておきます。
  • ・パイシートは市販のものでかまいません。解凍したら型より一回り大きく伸ばしてください。
  • ・パイ生地は、型に敷きこんだら冷蔵庫で30分ほど休ませ、180度のオーブンで20分空焼きしておくと、生焼け状態になるのを防げます。
  • ・アパレイユに加える粒マスタード・ピザ用チーズはお好みで加減してください。