大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

カルツォーネ風揚げ餃子

隠し味にフォンドヴォー醤油を加えた手作りミートソースと、モッツァレラチーズ、生ハム、マッシュルームを、カルツォーネ風に餃子の皮で包んで揚げました。ビールやワインと好相性!おもてなしの一皿にいかがですか?

作り方

  1. ミートソース 1.玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニクはみじん切りにする。
  2. ミートソース 2.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ熱し、ニンニクの香りが立ってきたら、ひき肉を加えてほぐしながら炒め、炒ったら煮込み用の鍋に入れる。
  3. ミートソース 3.同じフライパンにオリーブオイルを入れ熱し、みじん切りにした野菜を加えて弱火でじっくり30分ほど炒める。煮込み用の鍋に入れる。ホールトマトは、トマトを手で崩しながら汁も残さず鍋に加え、赤ワイン、ブイヨン、ローリエを入れて沸騰させる。アクを取り除き、弱火にして汁気が無くなるまで(約1時間半)じっくり煮込む。
  4. ミートソース 4.煮汁が無くなったら、フォンドヴォー醤油、パルメザンチーズを加え全体を混ぜ合わせて味を整えて完成。
  5. 揚げ餃子 1. 作ったミートソースをバットに取り、粗熱を取る。ラップをして冷蔵庫で1時間以上寝かせる。
  6. 揚げ餃子 2.モッツァレラチーズはダイスカットに、マッシュルームはスライスし、生ハムは餃子の皮の大きさよりも小さくカットする。パセリはみじん切りにする(お好み)。
  7. 揚げ餃子 3.餃子の皮の中心に、生ハム、マッシュルーム、モッツアレラチーズを乗せ、ミートソースを小さじ1ぐらいの量を乗せる。パセリを散らし、皮の周りに水をつけて半分に折り包む。皮のまわりの部分をフォークの先で押して、しっかりと留める。同様に25個作る。
  8. 揚げ餃子 4.揚げ物用鍋にサラダ油を170℃ぐらいに熱し、餃子を静かに入れる。途中、裏返しながらきつね色になるまで揚げ、網に取り油を切る。皿に盛りつけて完成。

今回使ったのは…

「フォンドヴォー醤油」

肉や野菜のうま味が凝縮された「フォン・ド・ヴォー」と、鰹節の香りとうま味の「かつおだし 醤油」を、厨房と同じ製法で煮出し、バランスよくブレンドしました。まろやかで優しい味わいの洋風醤油です。

フォンドヴォー醤油
カルツォーネ風揚げ餃子

材料

(26個分)
餃子の皮(大判26枚入り)・・・・・・・・1袋
生ハム・・・・・・・・・・・・・・・・ 4枚
モッツアレラチーズ(ダイスカット)・ 1/2個
ホワイトマッシュルーム(スライス)・・ 4個
手作りミートソース(※)・・・・・・ 1/3量
パセリ(みじん切り)・・・・・・・・・適量
サラダ油(揚げ油)・・・・・・・・・・適量
《手作りミートソース(作りやすい分量)》
豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・ 250g
玉ねぎ(みじん切り)・・・・・(2個)400g
ニンジン(みじん切り)・・・・(2本)380g
セロリ(みじん切り)・・・・・(1本)150g
ニンニク(みじん切り)・・・・ (2片)25g
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・ 2枚
ホールトマト缶・・・・・・・・・・・・ 1缶
コンソメ(顆粒)・・・・・・・・・・・ 4g
赤ワイン・・・・・・・・・・・・・・・ 1本
フォンドヴォー醤油・・・・・(大さじ2)36g
パルメザンチーズ・・・・・・・・・・・60g
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・適量

よりおいしく作るコツ

  • ・ミートソースは作った量の1/3量を使用しています。お好みで加減してください。
  • ・みじん切りにした野菜はじっくり炒めて加えてください。甘みが出ます。
  • ・パルメザンチーズの量はたっぷり加えるのがオススメです。お好みで加減してください。
  • ・余ったミートソースは小分けにして冷凍保存してください。パスタやライスに合わせたり、タコスやレタスなどの葉物野菜で巻いて食べるものオススメです。