大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

すきみたらのブルスケッタ

ソテーしたすきみたらを、ガーリックバターを染みこませたフランスパンに乗せて、オーブンで焼き上げました。仕上げのフォンドヴォー醤油が素材の味を引き立てます。

作り方

  1. 1.すきみたらの骨を骨抜きで取り除く。塩、胡椒、白ワインを振り、10分ほど静置する。キッチンペーパーで水分を拭き取り、食べやすい大きさにカットする。バットに小麦粉を入れ、カットしたすきみたらをやさしく入れ、バットを揺らすようにして、まんべんなくまぶす。
  2. 2.フルーツトマトは小さめのダイスにカットし、ニンニクはつぶす。イタリアンパセリはみじん切りにする。
  3. 3.フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニクを入れ熱し、香りが立ってきたらニンニクを取り出し、すきみたらを並べて両面をソテーする。表面が程よく色付いてきたらカットしたトマトとイタリアンパセリの茎の部分を加えてソテーし、バットに取る。
  4. 4.オーブンを200℃に予熱する。別のフライパンに、すりおろしニンニクとバター、オリーブオイルを加えて弱火にかける。じっくりとフライパンを回しながら炒める。香りが立ってきてニンニクに色が付いてきたら火を止める。2cmぐらいの厚さで斜めスライスしたフランスパンをフライパンに並べる。パンの片面にオイルを染みこませる。
  5. 5.天版にクッキングシートを敷き、ガーリックオイルを染みこませた面を上にしてパンを並べる。すきみたらのソテーをトマトも一緒に盛りつける。200℃のオーブンで5分ほど焼く。
  6. 6.皿に盛りつけ、イタリアンパセリ、ブラックペッパーをお好みで散らし完成。食べる直前にフォンドヴォー醤油を一かけして、お召し上がりください。

今回使ったのは…

「フォンドヴォー醤油」

肉や野菜のうま味が凝縮された「フォン・ド・ヴォー」と、鰹節の香りとうま味の「かつおだし 醤油」を、厨房と同じ製法で煮出し、バランスよくブレンドしました。まろやかで優しい味わいの洋風醤油です。

フォンドヴォー醤油
すきみたらのブルスケッタ

材料

(作りやすい分量)
フランスパン(2cm厚スライス)・・ 10枚
すりおろしにんにく・・・・・・・・・ 5g
バター・・・・・・・・・・・・・・・ 24g
オリーブオイル・・・・・・・・・・・ 24g

すきみたら(生切り身)・・・・・・・200g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
ブラックペッパー・・・・・・・・・・ 少々
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・ 30g
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・ 適量
フルーツトマト(角切り)・・・・・・ 3コ
つぶしニンニク・・・・・・・・・・・ 1片
イタリアンパセリ(みじん切り)・・・・ 適量
オリーブオイル・・・・・・・・・・・ 12g

フォンドヴォー醤油・・・・・・・・・ 適量

よりおいしく作るコツ

  • ・すきみたらは、一口大にカットする前に骨を取り除いてください。
  • ・すきみたらをソテーする際にイタリアンパセリの茎を加えると風味良く仕上がります。
  • ・すりおろしニンニクは弱火でじっくり香りが立つまで温めると風味良く仕上がります。
  • ・すりおろしニンニクの量はお好みで加減してください。