大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

鴨肉のステーキ

フライパンでじっくり焼いた鴨肉のステーキ。ジューシーに焼き上った鴨肉はフォンドヴォー醤油と好相性。おもてなしの一皿にいかがですか?

作り方

  1. 1.鴨肉は冷えている状態で皮に細かく格子に切れ目を入れ、室温に戻す。塩・コショウを少々振り、余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。
  2. 2.フライパンを熱し、鴨肉は皮目を下にしてフライパンに乗せ、弱火にしてじっくり焼き、フライパンにたまった脂をスプーンで全体に回しかけながら、肉に火を通す。(焼き時間の目安 20分から30分程度)
  3. 3.焼き上がったらアルミホイルで包んで焼いた時間と同じ分だけ休ませる。
  4. 4.皿にお好みのガロニを盛り付け、鴨肉をスライスして盛り、フォンドヴォー醤油をかけて完成。

今回使ったのは…

「フォンドヴォー醤油」

肉や野菜のうま味が凝縮された「フォン・ド・ヴォー」と、鰹節の香りとうま味の「かつおだし 醤油」を、厨房と同じ製法で煮出し、バランスよくブレンドしました。まろやかで優しい味わいの洋風醤油です。

フォンドヴォー醤油
鴨肉のステーキ

材料

(作りやすい分量)
合鴨(ダキ)・・・・・・・・・・・ 1枚
塩・コショウ・・・・・・・・・・・少々
フォンドヴォー醤油・・・・・・・・適量

<ガルニ>
サツマイモのマッシュ・・・・・・・適宜
カボチャのソテー・・・・・・・・・適宜

よりおいしく作るコツ

  • ・鴨肉は皮に切れ目を入れてから室温にもどして焼いてください。冷蔵庫から取り出したばかりの鴨肉を焼くと、焼きムラの原因になりおいしく焼けません。
  • ・鴨肉は皮目を下にして脂を回しかけながらじっくり弱火で火を通します。焼き上がりの目安は、鴨肉を押したとき、親指と人差し指で力を入れずに輪を作った時の親指の付け根の弾力程度ぐらいが良いといわれています。焼き上がりはアルミホイルで包んで必ず休ませてください。
  • ・さらにアレンジして「オニオンソース」をかけてもおいしいです。作り方はレシピ「豚肉の塩釜焼き」を参照してください。