大東食研株式会社

法人のお客様

オリジナルレシピ

  • オリジナルレシピ
  • バックナンバー

蕪胡麻豆腐

かぶのうま味にねりごまだれを合わせ、まろやかで滑らかな舌触りの豆腐を作りました。やさしく上品な味わいがクセになるひと皿です。

作り方

  1. 1.かぶは、葉と茎を落とし皮ごとざくぎりにする。鍋に牛乳と水とかぶを入れ、沸騰させ、アクを取りながら弱火で10分ほど柔らかくなるまで煮る。
  2. 2.かぶが柔らかく煮えたら、煮汁ごとミキサーに入れ蓋をしてスイッチを押す。滑らかになったら、裏ごし器に移し漉す。
  3. 3.鍋に戻しねりごまだれを加えて再加熱する。80℃ぐらいになったら火を止め、ゼラチンをダマが出来ないように全体にパラパラと落とし、良く混ぜ合わせる。耐熱の型に流し入れ、冷蔵庫で冷し固める。
  4. 4.豆腐が固まったら適当な大きさに切り出し、器に盛って柚子こしょうを天に乗せ、ねりごまだれをかけて完成。

今回使ったのは…

「ねりごまだれ」

厳選した「ごま」をほどよく焙煎し、ごまの香りとうま味をていねいに引き出した「焙煎ねりごま」をたっぷり使いました。隠し味として魚醤と白菜のうま味を加えたまろやかな口当たりのごまだれです。酸味をおさえてありますので、ごま本来の香りと豊かな風味を贅沢にお楽しみいただけます。

ねりごまだれ
蕪胡麻豆腐

材料

(作りやすい分量)
かぶ(中)・・・・・・・・・・・ 5個
牛乳(または豆乳)・・・・・・・400ml
水・・・・・・・・・・・・・・・400ml
ねりごまだれ・・・・・・・・・・ 50g
粉ゼラチン・・・・・・・・・・・ 10g

ねりごまだれ・・・・・・・・・・ 適量
柚子こしょう・・・・・・・・・・ 適量

よりおいしく作るコツ

  • ・ミキサーにかけた後、裏ごしすると、滑らかな口当たりに仕上がります。
  • ・ゼラチンは1袋5g入りで、200から300ccの液体を固めることができるものを使用しています。
  • ・柔らか仕上げにするために、煮上がりが675gに対してゼラチンを2袋使っています。お好みでゼラチンの量を加減してください。
  • ・柚子こしょうの代わりに、おろしわさびや海苔佃煮も合います。